投資信託を行っています

以前は定期預金とか国債などを購入していたのですが、不景気でどんどん金利が下がってしまい0.3%とかではわざわざ手間をかけて定期や国債を購入するのは面倒だと思うようになってしまいましたね。

定期はまだネットバンクからなので手軽に行うことが出来ますが、国債の場合は郵便局の窓口などでの購入となるので土日は無理だし、有給をとって行く程の金利ではないと言うことが出来ます。

なので始めてみたのが投資信託です。株やFXと比較したらリスクが低いのとネットのSBI証券なら500円の積み立てからスタートできると知り、それなら実際に小額のお金を使って実践で学びながら投資信託の仕組みを知ることが出来ると思ったのです。

投資信託の積み立てはファンドを選んで、あとは購入する金額と日付を設定しておけば毎月自動的に積み立てを行うことが出来るので初心者向きということが出来ますし、手数料がかかる分いろいろな商品に分散してリスクを抑えることが可能です。

例えば株を購入する場合は購入単位が大きくなりますし、1つの会社の株を購入するのでその会社の業績が悪化したり、不祥事を起した際には一気に暴落してしまいます。ですが投資信託のファンドはファンドの中身はプロの投資家が選んだ複数の会社の日本株だったり、外国株だったり、バランス型のファンドの場合は国債などの手堅い商品も含まれている分安全性が高いと言えます。

そして購入時期も毎月購入することで、高い時に購入するリスクを減らすことが出来ます。長期的に投資信託を保有することで利益を得ることが出来る確率は高くなりますし、コツコツ積み立てて老後の資金にするというのも1つの手だということが出来ます。現代社会においては定期や国債では利息はほとんど付かないので、出来るだけ安全性の高い投資商品をやってみるのも1つの手だということが出来ます。

リスクがゼロとはいえませんが、リスクを抑えることは可能ですしその割にはリターンが高いのが特徴で、上手に投資信託を選んで利益を得るのが目標です。